2019/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

 
 今回はオルツォ(大麦)を使ったサラダをご紹介いたします。







 日本の押し麦の様に潰されていないのでモチモチした食感と歯ごたえが楽しめます。いちどはまると病みつきですよ。因みにORZOは大麦、PERLATOは真珠のようなという意味の形容詞です。ORZO PERLATO で精白した丸麦という意味です。



 穀類の中では最も香りが強く、麦特有の甘味があります。9種類の必須アミノ酸やカルシウム、鉄、ビタミンB1、B2などを含み、体の中では特に肝臓、脾臓の働きを強めます。また体内に蓄積された脂肪を溶かすのを助ける働きがあるそうです。

 さてそれではとびきり美味しいリチェッタをご紹介いたします。僕はこの料理がとても気に入っててお昼に白ワインと一緒に食べています。是非お試しください。

まずは材料

 大麦(オルツォ・ペルラート)   100g

 ツナ缶                 50g                                  
     
 トマト                  70g

 ブラックオリーヴ           10個

 玉ねぎ                 30g

 イタリアンパセリ            1g

 エクストラヴァージンオリーヴオイル   10cc

 ヴィネグレット(ドレッシング)        20cc 

 塩、胡椒                適




 それではまず、トマトの下処理から。とまとのヘタの逆の方に十文字の切り込みを入れます。



 お湯を沸騰させてからトマトをつけます。



 お湯は必ずグツグツと沸騰しておくこと。でないときれいに皮がむけません。すぐにツルッと皮がむけてきますので氷水に落として熱をとって冷ましてください。冷めたら皮をむいて小さ目のコンカッセにカットします。

 次に作業している最中に大麦を茹でておきます。 水2リットルに塩20gを入れて沸かしてください。
沸騰したら大麦を入れます。20分〜25分ほど茹でて下さい。固さはお好みでよいと思います。



 茹であがったらザルにあげておいて下さい。



 玉ねぎはみじん切りにして水にさらしておいてください。



 ブラックオリーブも小さ目のコンカッセにして下さい。ツナは油分を手で切って下さい。材料をボウルに入れます。玉ねぎは5分〜10分ほど水にさらして辛みがなくなれば結構です。水気を手で絞ります。



 ここに粗熱がとれた大麦を加えます。



 塩、胡椒、イタリアンパセリ、エクストラヴァージンオリーヴオイル、ヴィネグレットをいれてゴムべらでよく混ぜ合わせて下さい。



 大麦のサラダ  完成です!



 イタリア語で INSALATA DI ORZO PERLATO E TONNO と言います。


 因みにこちらはイタリアのスーパーのお惣菜コーナーで売っていたもの。おいしかったな〜。




 簡単でとても美味しくてヘルシー。とにかく食べた時の食感が良くて(楽しくて)、なんか食べている最中に知らずに笑顔になる様なお料理です。穀物を丸のままで食べると繊維質がたっぷりとれます。スープやリゾット、サラダ、デザートなど色々な料理に活用できとても重宝する食材です。

 イタリアでは主に北イタリアでお米と同じような感覚で調理されています。

 作る上での注意点ですが、難しい所はぜんぜんありません。しいて言うなら材料を綺麗に切ること、トマトの湯剥きの時に必ず水を沸騰させておくこと、ぐらいです。あとは良質な材料を使う事。イタリアンはシンプルさゆえにそれが前提です。特にトマトとオリーヴオイルは吟味して下さい。ちょっとした違いですがそれだけで全く違うものが出来上がりますから。

 材料はツナの代わりにハム(モルタデッラなどのソフトタイプがいいです)もいけますし、ゆで卵やケッパー魚介類などを混ぜ込めば豪華な一皿になります。また大麦の部分をスペルト小麦や黒米、赤米などに変更することも可能です。

 
 ここで補足のヴィネグレットのリチェットを。


 フレンチマスタード               5g 

 白ワインヴィネガー             30cc

 エクストラヴァージンオリーヴオイル  130cc

 塩                        3g
 
 胡椒                      少々 
 


 綺麗に拭いたボウルにマスタードを入れます。塩、胡椒を入れて白ワインヴィガーを入れ、ビーター(泡立て器)できれいにマスタード、塩を溶かす。オリーヴオイルを少しづつ垂らしながらビーターで混ぜ水分と油分がきれいに乳化するように混ぜ合わせていきます。完成したらドレッシングの容器に入れて使う度に良く振ってから使用してください。
 
 
 それでは、また次回も簡単でおいしく家庭で気軽に作れるリチェッタをご紹介したいと思います。



trackback